お金かしてくださいという時

「お金かしてください」、誰かにこう言わなければならない状況はどんな人にも起こりうることだと思います。この日本では誰かにお金借りること は恥ずかしいことだと言われています。なので、お金を必要とする人達は家族や友人などの親しい人になるほどそれを隠そうとします。そこでそういった人達が 利用するのがローンで、銀行や消費者金融といった機関からかりるのが一般的な例でしょう。また、定期預金がある場合は 郵便局、震災などの理由で明日の生活にも困るような状況の場合は国からかりるといった方法もあります。こういったローンは家族などからかりる場合と違って 契約によるビジネスの関係なのでお金を返した時もわだかまりがなくてすみますので気持ちの面では楽です。

そんなローンですが、そういった機関にお金借りると言ってもすぐにかしてもらえるわけではありません。そもそもお金をかすのはその人自身を信用して行うわけですから信用できる要素がその人にないと困るわけです。そのためにローンでお金をかりるにはまずその機関による審査を行う必要があるわけです。具体的にはどういった仕事をしているか、住居はあるのかといったいわゆる社会的信用といったものがその人にあるのかということです。こういった審査は必ず受けなければならず時間がかかる場合がほとんどですが、最近はローンの申し込みをした当日に審査を終わらせてくれる即日審査を行っている消費者金融もあります。消費者金融の中には審査をしないと言っているところもありますがそれは大抵危ないところなのでやめたほうがいいです。

お金を借りる時に主婦がすべきこと